気持ちに余裕がないと出てくる影響

実際に医療現場で働いていると、医師の方にはタスクが次々と襲いかかってきますので、なかなか余裕をもって動くことができないという場合も多いと思います。
気持ちの方に余裕がないと、もっともその影響が強く出てくるのは恐らく他の人とのコミュニケーションではないでしょうか。
自分の上司となる方に対しては一通りビジネスライクに接するとして、問題は他の場合でしょう。

コミュニケーションが大切な理由

他のスタッフの方、あるいは受け持ちの患者さんなどに対してゆったりと接する時間もなく、うまく関係を築くことが難しくなってくる場合がありますよね。
全ての方に当てはまる話ではありませんが、それでもできるだけ患者さんとはしっかりとコミュニケーションを取っていくことをオススメします。
その理由は次の通りです。

1.患者さんとしっかりとコミュニケーションを取る事で、デジタルな結果では得られなかった新たな情報が手に入ることがある。
2.患者さんの状態を自分の五感ではっきりと確認することで、些細な病変の見逃しを防ぐことができる
3.結果的にカルテを確認するよりも正しく病状を理解することができる
4.様々な方とコミュニケーションを取る事で、コミュニケーション能力の向上に繋がる。 治療を進めていくという行為を行うのは、あくまでもお互いの人間関係があっての事です。

受け持ちの患者さんとはぜひ仲の良い関係を続けていけるように、ぜひ努力をしてみてくださいね。

  • 1